■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

♪可愛い花   1959.04(再録音盤:1967.12)
PETITE FLEUR
   作詞:音羽たかし 作曲:Sindney Bechet 編曲:宮川泰
   演奏:シックス・ジョーズ
   録音:1959.03.30
   

一般知名度 私的愛好度 音楽的評価 音響的美感
★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★モノ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

作曲者のシドニー・ベシエはニューオリンズ生まれの、ソプラノ・サックス奏者。
黒人ジャズマンの彼は人種偏見の少ないヨーロッパに新天地を求めてそこに移住。
この曲は彼の再婚相手のドイツ人女性に捧げて作曲。1952年にパリから出版。
有名になったのは、イギリスやアメリカでは、クリス・バーバー楽団のレコードが
ヒットしたからであったが、我が国では、ピーナッツ・ハッコーがクラリネットを
吹いたボブ・クロスビー楽団の演奏が大ヒットした。

奇しくも同じ名前のピーナッツであることも何かの因縁を思わせるが、この曲の
登場を待ってピーナッツがデビューしたかのような絶妙のタイミングである。
しかし、日本語になったこの歌を作曲者が耳にすることが出来たかわからない。
作曲したのが55歳。この年の5月14日にシドニー・ベシエは世を去っている。
作曲家というのは素晴らしい仕事である。この名旋律は不朽であろう。

一般的には「小さな花」と曲名が付けられている。
ザ・ピーナッツが歌うと「可愛い花」となるのが楽しい命名であり良く似合う。
彼女らの名刺代わりといってもよい代表的な歌であるが初出場のNHK紅白では
最新ヒット中の「情熱の花」を歌っている。
「小さな花」はシャンソン歌手の石井好子さんが歌ったが、ザ・ピーナッツの歌で
あることは周知の事実であり、これは損な役回りであったことだろう。
記念すべきデビュー盤については以前にも書きましたが、こちらへ転載します。


デビュー曲でもあり、ザ・ピーナッツの代名詞とも言うべき佳曲です。
ザ・ピーナッツのデビューは周到な計画性をもって行われたという記事を見ますが、
私は人為的な戦略だけではなく、奇跡の重なり合いのような神秘性を感じます。

「プティット・フルール」「ザ・ピーナッツ・ベンダー」こんな名曲が両面に収録さ
れたカバーレコードなど、この世に有り得ないであろう見事なスタートダッシュです。
第一弾から素晴らしいハーモニーを聴かせてはいるのですが、何と緊張感を聴く人に
与える歌唱なのでしょう。私は無意識に正座し握り拳になり汗が滲んでしまいます。
頑張れ!と言いたくなってしまいます。聴き終えると、ほっとしてしまいます。

他に類を見ない見事な歌唱力なのですが、達者な、という感じでは全然ないのです。
はい、一丁上がりです。というプロっぽい馴れ合いの雰囲気がないのですね。
こんな真剣に、慎重に、誠実に、精魂こめてといった健気さではこれからの厳しい
芸 能人としての活動が続けられるのだろうか?(続けられたのですが)と余計な心配
まで聴く人に抱かせるほど彼女達の懸命さが伝わってくる記念碑的な録音だと思います。
BGM的に聞き流せないのですね。

そこへいくと再録音ソースの方はこれは安心して聴いていられるし、これも大変見事な
アレンジで、いいな〜と思います。
本命盤はボブ・クロスビー楽団でしょうが、ピーナッツ・ハッコーの哀愁のクラリネ ットを
フィーチャーした演奏を聴いていて、ザ・ピーナッツのさよなら公演まで思い浮かべてしまう
切ない思いのピーナッツファンは他にもいらっしゃるでしょうね。
<2001年2月24日記載>



次に、こちらの新バージョンについてレビューしたいと思います。
 ↓
 録音日:1967.09.28 キングレコード音羽スタジオ
    (再録音盤演奏:レオン・サンフォニエット)
 

一般知名度 私的愛好度 音楽的評価 音響的美感
★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★

このアレンジも宮川先生で、演奏は、レオン・サンフォニエットです。
ボサ・ノバ風の当時としては斬新なアレンジですが、今聴いても風化しない良さが
あると思う。耳当たりがよくて、軽やかで、心地よい。
そうかといってあっさり聞き流すような風情でもなく、濃いところもあるのです。
フルートのソロも素敵なんですが、バックの弦が美しい対比を奏でていて切ない。
これは宮川先生屈指の出来ではなかろうか?

面白いことに、この新アレンジ版には、プロモーション・ビデオ画像が存在する。
流れているのはレコードのモノラル音声であるが、そんなものが存在していたとは
現役時代には気づかなかった。ビデオ商品「Pナッツ」に収録されていた。
画像というものは案外、すぐに飽きるもので、そこが純音楽とは異なると思います。
レコードやCDは音の奥行きが深いために、聞き飽きるということがないのです。
視覚と違って日々新たな感覚で聴けるのです。

オリジナルの可愛い花との違いは、もう一つ、マルチトラック録音という可能性。
その場に居たわけではないのですが、この収録は演奏と歌を別々に録っているような
感じを受ける。歌も演奏も音が鮮明ではあるのだが、上手過ぎる感じがする。(笑)
この時期以降の録音は特別な曲を除いてマルチで収録出来るようになったと思う。
全く根拠のない想像なのだが、最近の音楽商品に似た妙に高品質な音楽となっている。
これは本来、文句のつけようのない出来であって、機材進歩の賜物なのだけれどね。
それぞれに良さがあるので否定ではなく、聞き比べの面白さというところかな。


<追記>

ミュージック・ライフ/1959.5月号に、新人ザ・ピーナッツの
インタビュー記事が載っております。

☆アガったレコーディング

記者:昨日初めてのレコードをキングで吹き込んだんだけれども、どうでした?
エミ:(顔を見合わせながら)なにかすごくあがっちゃってね。
ユミ:うん。なんだか今日になってから昨日のことを考えると、一日がアッと
   いう間に終わっちゃったみたいで、エミちゃんも少し固くなっていたわね。
エミ:そう、二曲吹き込んだけど、二曲共よく出来たとは思えないんじゃない?
エミ:どこかトチってるみたい。
ユミ:「可愛い花」はトチったところがある。「ピーナッツ・ベンダー」は
   まァまァね。
エミ:♪小鳩のような....というところが?
ユミ:そう、あそこのところで二人がハミングしたところがパッと離れたところが
   あったわ。
エミ:やっぱりはじめてのレコーディングだし、気楽に練習のつもりでと、と
   思っても、どうしてもあのスタジオの雰囲気にのまれるみたい。
ユミ:雰囲気にのまれたといえば、この間のテレビでダーク・ダックスと共演した時。
   エミちゃんも私もずい分ノビたわね。
エミ:(ノビたという言葉が余程おかしいらしく、笑いながら)そうよ、あの時は
   もう逃げ出したくなっちゃった。
ユミ:ダーク・ダックスの人達はうまいし、私達がうまくノレないので....
エミ:あのハーモニーがむずかしかった。
ユミ:そう、いままでは、私たち二人でやっていたから、六人もの大勢でやると
   音がとりにくいのよ。
エミ:それというのも私達にやっぱり力がないからよ。
ユミ:それはそうよ。私達ももっと勉強しなければいけないなと思ったの。
記者:勉強は誰についているの?
ユミ:シックス・ジョーズの宮川さん。

(中略)

記者:今、一番好きな歌はなに?
ユミ・エミ:(即座に)可愛い花。
記者:キングで吹き込んだデビュー盤ね。
エミ:「可愛い花」が売れないといやね。
ユミ:でも、三枚は確実に売れる.....。
エミ:どうして。
ユミ:だって名古屋のお父さんが一枚。私達が一枚。
エミ:ああそれに美佐さんが一枚ね。(顔を見合わせて笑う)
記者:ともかく「可愛い花」のタイトルにピッタリのお二人が、このデビュー盤と
   共に今年はレコードにテレビにステージに活躍することを期待します。

2003年5月28日記載


ネット・オークションで入手したヒット・ソング・ピース。(2007.05.31)